mobi君の上京日記



「A君 B子 C子」の△な関係

先週の木曜日深夜2時、親友A君から電話が来た。


mobi:「おい~っす」
(以後m)
A君:「うっす、ちょっと寂しくなって電話した。」
m:「何だよそれ~、そう言う言葉は彼女から言われたいよ(笑」
A君:「あははは」
m:「どうした?何か相談?何でもいいから話してみ」
A君:「う~ん、ちょっと聞いてもらうかな」


話の詳細はこうだ。

登場人物

A君” 地元の親友。外見は「チャラい」と見られやすいが、とてもイイ奴。

B子” A君の彼女。友達のナンパで知り合い、付き合うことになる。

C子” A君の勤め先の新人。ギャル+ヤンキー×2な感じ。(写メで確認)


話は約4ヶ月前に戻る。 キュルキュル

A君は彼女B子の事で悩んでいる。

A君B子に惹かれた理由、「顔は普通だが、とっても性格がイイ子」だったらしい。
何回か一緒に遊んでいるうちに好きになり、A君から告白。

しかし付き合って間もないのに、B子は電話やメールを全然くれない。悩むA君
A君は相当B子の事が好きで、結婚のことも考えている。
二人で遊んでいる時も、

A君:「出来たら結婚したいね~」
B子:「いやいや、それは無いね!」

「結婚となると話は別だよな」と思っていても、相当ヘコむA君。それほど好きなのだ。

A君B子と付き合ってわかった事なんだけど、B子は以前「結婚前提の付き合い」をしていた男性がいた。
でも、相手とうまく行かず分かれたそうだ。その事が原因なのかちょっと「男性恐怖症」な面がある。(A君の話からオレが推理)
それとB子が「性格のイイ子」と思っていたA君だが、パチンコ・スロット・すぐにバイトを辞める。などなど、付き合いだしてから「ちょっと付き合う前との印象が違う」らしい。

付き合いだしてから約1ヶ月、やっぱり連絡はA君からの一方通行。
今では週に1回会えばいい方になっていた。(今から約2ヶ月前の話)

オレと飲んでいる時、A君B子の事で相談してきた。
A君:「オレ苦しいよ、オレはすごくB子好きなのに・・・あっちはどう思っているんだ。」
m:「おし、彼女の番号教えろ。オレがB子に言ってやる。」
A君:「いいよいいよ!自分でするから。」
m:「いや、貸せ!お前は絶対自分から言わない!」
  (A君はB子と別れたくないので、そう言う話はウヤムヤにしてきた。)

無理やり携帯を取ってB子にかける。

B子:「もしもし」
m:「もしもし、A君の友達だけど。」
B子:「初めまして~^^」
m:「突然で悪いけど、A君の事どう思ってる?
   A君は君の事相当好きなんだよ。君の事で悩んでいてオレに良く相談するんだよ。
   もうちょっと、A君の気持ち考えてやってくれないかな?電話でもメールでもしてあげてよ。

   もしかしてA君の事誤解していない?

   (A君B子と付き合う前、よく先輩とクラブに行っていた。しかし、B子と付き合いだしてか   らは先輩の誘いだろうと断ってきた。)

   こいつ全然チャラくないよ!むしろ誠実なヤツだよ。
   本当に君のことが好きなんだよ。応援しているから頑張ってよ!
   んじゃ、A君に代わるから」

オレが一方的に話して、A君に代わる。

m:「ほれ、舞台は作った。後はガンバレ」
A君:「あ、ありがとう。」 

その後、A君は自分の気持ちを素直にB子に伝えた。 
やはりB子A君の事を“チャラい奴”だと勘違いしていたらしい。
そのために、A君が浮気していると勝手に勘違い。それであんまり連絡しなかったのだ。

「お互い“A型”で言い合えなかったね><;」で和解 ←なんじゃソリャ!











A君B子と仲良く付き合い始めましたとさ・・・・まぁ~普通ならそれで終わるな。

しか~し、B子さん中々の曲者でしたよ。
今現在、B子は電話&メールをA君にする気配がありません。
本当に“たまに遊ぶくらい”なっていた。

A君は「このまま続けられるのか?」と悩みに悩んでいた。


そんな時、会社にC子が入ってきた。 (やっとC子の登場です。)
C子はその外見から、ダレも話しかけてはくれない。
A君はそんなC子を見て、「飯、一緒に食べよう!」と声を掛けてあげた。
話して見るとメチャメチャいい子で、一緒にいてとても楽だったらしい。

C子A君が一人暮らししているのを知って、週に3回はお弁当を作って来てくれる。
B子にお弁当なんて作ってもらったことはない)
しかも、給料の8割を家に納めている、自分に使うお金は本当にちょっと。
“超”が付くほど出来た子だ。

A君はそんな外見とはまるで違うC子の性格に関心していた。

家も近いこともあって、会社に行く時は乗せて行ってあげたり、夕食を一緒に食べていた。
C子は会社まで1時間も掛けて歩いて来るらしい。ちょっと不思議系?)


B子よりC子の方が一緒にいて楽しいと思い始めたA君

ある日、C子と食事している時

C子:「ねぇ、付き合おうよ。」 
A君:「ごめん、オレ彼女いるし」
C子:「いやいやいやいや!別れてよ!」
(この時、C子は泣いていたらしい)
A君:「ダメだよ・・・」

そのままC子は帰ってしまった。

次の日、A君C子に呼び出される

C子:「昨日は変な事言ってゴメン。」
A君:「うん、いいよ」
C子:「これからも、友達でいてね。」
A君:「もちろん^^」

C子は次の日からも、お弁当を作ってきてくれた。



全体の詳細はこんな感じ。 オレとA君の電話に戻ります。 長々とゴメンちゃ(笑


m:「C子めっちゃイイ子だな!」
A君:「そうなんだよね~」
m:「んで、ぶっちゃけC子の事、どう考えているのよ?」
A君:「うん・・・B子といるより楽だし、好きかも。」
m:「だろうな(笑)  だって話聞いて写メ見ただけのオレでも、C子好きになりそうだもん!」
A君:「でしょ~スゲ~~~イイ子なの。」
m:「そうだな、お前が会社辞める前に(A君は今の会社を3月いっぱいで辞める)ハッキリさせ
   ようか。」
A君:「オレもそう考えてた。」
m:「お? いつにも無くやる気あるじゃん!」
A君:「うん、B子とこのまま付き合える自信無いし。C子は失いたくない!」
m:「うおおおおおおおおお!言いやがった!コイツやる気だああああ!」
A君:「頑張るよ!」
m:「ガンバレよ、オレはお前の味方だからな!」
A君:「ありがと(笑」



もう半月で3月は終わる。

A君の運命やいかに!そしてオレの彼女は何処に??

次回の「A君 B子 C子」の△な関係 は放送日未定!
[PR]
by mobi-ROCK | 2005-03-16 06:18 | 日記
<< ブクロにキングなんていらね~ん... ○○○ー○→お好み焼き→電車男... >>


Dizzy my future
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Profile@Link@Mail

『FALL OUT BOY』
“Sugar,We're Goin Down”


1984生まれ 今年で21歳

映画を学ぶため
『牛タンの国』から上京

NO MUSIC NO LIFE

酒を飲むと下ネタ爆発!
(飲み過ぎた場合ね♪)
「揉ませろぉ~」
「コン○ーム買いに行くぞぉ~」
が口癖

【メッセンジャー】
kyuhaiitennki26@
hotmail.com
【スカイプ名】
mobi.ag



インディーズバンド試聴サイトaudioleaf


カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
boston museu..
from boston museum ..
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧